創ちゃんねる〜GID版〜

青森にて細々活動中、30代になってやっとFTMTG(らしいよ)と自覚した、創の治療記録です♪
<< SRSの旅、6日目その2(ホテルへ移動) | main | SRSの旅、8日目(徘徊日記) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
SRSの旅、7日目(徘徊日記)
9/15、退院翌日です。

手術から3日目。
今日からは体調もしっかり自己管理せねばです。

まずは朝、ホテルの朝食を食べるところから。
(普段、地元では朝食抜いちゃったりしてます)

朝食付で宿泊しているので、朝食会場へ。
と、そこでまた早速ハプニング。

部屋番号を伝えると、不慣れな日本語で、
「あなたは朝食付ではないので○○バーツかかります」というような説明。
そんなはずはないんですけどー…。

アテンドさんから、どうも不慣れなスタッフがいると間違われることがあって、
もしそう言われても無視して食べていいと言われてはいたんですが、
そこは押しの弱い東北人…しかも英語も話せないし…。
フロントにも連絡してもらい、何度か問答して、ようやくOKと言われました。
(この一件、アテンドさんにお話したら、ホテルに苦情入れてくれたみたい…笑)

昨晩牛角で普通に食べたら、ちょっとお腹が張っている感じだったので、
野菜を中心に軽めの朝食にしておきました。

それから、午前中は部屋でゆっくり休養。
仕事をするにも、机のない部屋でPCを打ち込むには、
まだ身体の自由がきかないので、おとなしくしていました。
NHKが入るホテルだったので、それを見ながら壁にもたれたり横になったり。

この日はとにかく腰が重いというか、だるい痛みを感じ。
生理痛が腰に来たような感じ?
あ〜これは卵巣摘出の影響だなと思い、我慢できないほどではないけど、
せっかくだから処方された痛み止めを飲みました。

お昼はOさんと一緒にと思い、ご都合を確認。
午後になってしまうけど、一緒に食べましょうということに。
きっとタイだから、予定している時間より遅れるだろうと思いつつ(笑)

駅周辺は入りやすい店もありそうだったので、
今後のためにもちょっと探検を兼ねて、早めの時間に駅方面へ出発。
ホテルを離れるとレンタルしている携帯しかつながらないので、
アテンドさんにも、これから友達に会いに行くので何かあったらレンタル携帯に電話をとメールしてから出ました。


バンコクにはものすごい近代的な電車が走っています。
高架鉄道のBTSと、地下鉄のMRT。
ホテルの部屋にあったマップを見ると、BTSサラデーン駅やMRTシーロム駅というところが徒歩圏内でした。

と、途中まで歩いてきたところで、スコールが!!
半端ないです…バケツをひっくり返したよう。

タイは6〜10月頃は雨期なんだって。
雨期と言っても、ずーっと降っているのではなくて、
こんな風にスコールが一日1、2度は降るという感じかも。

大雨ではありますが、この通りでは是非とも行きたいところが。
「タニヤスピリット」という、日本円の両替ができる酒屋さんです。
(この通りはタニヤ通りといって、日本人向け歓楽街です)
事前調査では、日本円に関しては割とレートがいいという噂。
ドキドキですが、行かない手はない。

日本語で、「日本円両替」とばっちり書いてあります(笑)
日本人が入ってくると両替とわかっているようで、奥のカウンターに進むよう促されます。
カウンターでは本日のレートがレジ横に表示されていました。
あとは日本円を出すだけ。会話がなくても成立。両替の際はちゃんとレシートをくれます。
ホテルの側の両替所ではパスポートのコピーとか見せないといけなかったですが、
タニヤスピリットではいりませんでした。

無事に両替もして、周辺の商業ビルに入って見たり(ゴルフ用品ばっかだった)、
雨がやみそうもないので発見したダイソーで傘を買ったり(タイでは別に安くありません)、
大戸屋やスーパーを発見したりしているうちに、Oさんから電話が。
いよいよ電車でOさんに会いに行きます!!

今回利用するのは地下鉄・MRT。というわけで、シーロム駅へ。
トークンという、コインのようなものを券売機で買います。
タッチパネルです。英語表示にして、Oさんが指定した駅をタッチ。

駅のホームはこんな感じ。

時刻表は見つけられず。でもホームに設置されているモニターに、何か表示されていたかも。
モニターではずっとCMが流れています。
電車の中にもありました。すごいね。

しばらく乗って、待ち合わせの駅に到着。
Oさんは、改札のところで待っていてくれました。
その駅は、改札を出ていくとすぐにでかいショッピングセンターが。
ターミナル21というところ。2011年にオープンしたらしいです。

フードコートは、広くて綺麗!
タイラーメンや揚げ物など、屋台だとちょっと怖いな〜と思うものも、ここなら食べられそうな感じです。
しかも日本食レストランに行くよりお手頃価格です。

まずはフードコートを利用するためのカードにお金を入金するカウンターへ。
100バーツで足りると思いますよというので、とりあえず100バーツ。
余ったらちゃんと返金になるそうで。
プリカみたいだけど、返金できるなんていいシステム。

注文は、指さしで大体できるようですが、この日はOさんに手伝ってもらって…。
商品と引き換えにカードを渡すと、残金から代金が差し引かれて戻ってきます。
この日のお昼は、タイラーメン(クリアスープ)と、マンゴージュース!
どうしても食べてみたかったのです、タイラーメン。

タイのラーメンは、米麺が主流で、スープも何種類かあるようなのですが、
このクリアスープというのが一番食べやすいようです。
そのままだと味が薄いので、調味料を入れるのが普通。
しかし調味料がね…日本と違うから、加減がわからない。
ナンプラーとか。

何とかかんとか、Oさんの真似をして味付けしたら、いい感じに。
お腹に優しそうだし、いいお昼になりました。

それから、ちょっと買い物にも付き合ってもらいました。
お土産品を探すべく、食品売り場へ。
そこでタイカレーとかちょっと買ったんですが、
Oさんが「これ身体にいいんですよ!」とオススメする一品が。
どうやらドライフルーツみたいなんだけど、見慣れない…。
「これどんどん食べちゃうんですよね〜」とのこと。ホント?
身体にいいなら買ってみようと、一袋だけ購入しておきました(笑)

そのあと、Oさんと一緒に移動して新居を拝見し、
タイの不動産って不思議だなーと思いつつ、
あれこれお話して、あっという間に夕方に。

Oさん、休日なのに少し仕事を片付けに行かなくちゃいけないということで、
帰りは駅より手前でお別れ。

無事にホテルまで帰ってきて、アテンドさんにも帰宅(?)連絡。
夜は、コンビニで買った飲むヨーグルトなんか飲みつつ(甘かった…)、
Oさんオススメのドライフルーツを試してみようと開封。

それがこちら。
タマリンドっていうフルーツだって。
どう見ても、豆のさやだよね…。

食べてみると、干し柿みたいな食感!
味は、プルーンがちょっと酸っぱくなって、味薄くなったみたいな??
初めはちょっと味気ないかなとも思ったんですが、
そのさっぱり感が、なんか止まらなくなり…。

実は僕、あまりドライフルーツって食べないのですが。
これは、見事にはまりました。


この日の体験で、今後一人でも買い物や食事ができそうな感じになりました(笑)
とりあえずショッピングセンターみたいなとこなら、危なくないみたいということも学び。
アテンドさんも忙しそうだし、体調もいいし、
日本にいるとなかなか一人きりの時間ってとれないので、
この際調子がいい日はゆっくり一人で過ごしてみようと思ったのでした。
| | 性別適合手術(SRS) | 16:38 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:38 | - | - | -









http://soh-ch-gid.jugem.jp/trackback/98
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

このページの先頭へ