創ちゃんねる〜GID版〜

青森にて細々活動中、30代になってやっとFTMTG(らしいよ)と自覚した、創の治療記録です♪
<< SRSの旅、13日目(帰国、帰宅) | main | 戸籍性別変更手続き、その1 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
SRSを終えて(荷物編)
さて、ここからはSRSを終えてから気づいたことなどを書きたいと思います!

まずは、荷物について。
実際に僕が持って行った物や感想は以下のような感じ。

●スーツケース
1週間〜10日程度の大きさで買ったと思います。行きはノートPCを入れる余裕があり、帰りはお土産を入れました。ちょうどよかったです。
僕はハードケースではなく、ソフトケースにしました。蓋になる側には基本的に物が入らないので、中身を開く時に場所を取らないのはよかったのかも。ホテルの部屋も狭かったので。
ちょっとしたものは外側のポケットですぐ出し入れできるので、便利でしたよ。ただし若々しくは見えない(笑)

●パンツ(ズボン)
日本は涼しくなりはじめだったので、丈が長い、幅広めのジーパンで出発しました。
着替え用にはハーフパンツのみ。カーゴ1枚、綿パン1枚、スウェット生地1枚、パジャマ代わりのジャージ短パン1枚。
術後はベルトが傷に当たるのが辛かったり、お腹が張っている時は苦しいので、カーゴや綿のものはほとんどはかなかったです。
代わりに緩いスウェットやジャージ生地のものをもう一枚持って行けばよかったです。なんと現地ではスウェットやジャージのハーフパンツがほとんど売っていない!

●シャツ
日本からは無地Tシャツに前開きのシャツで行きました。
着替え用には、Tシャツ2枚、ポロシャツ2枚。他に下着兼用で無地Tシャツ1枚とタンクトップ2枚。
術後はTシャツが着づらい&胸に巻いたバンドが目立つので、就寝時以外はポロシャツを着ていました。現地で1枚買い足したくらい。

●下着
パンツは捨ててもよいものを含めて6枚持っていたのですが、うっかり全部トランクスにしてしまい、術後困りました(汗)
内性器摘出手術後は、お腹の中の出血が膣から出てくることがあります。自分の場合も、術後1週間くらいは生理の終わりくらいの出血があり、滞在中は生理用品必須でした。
コンビニで使い捨てブリーフ買いましたが…通気性に問題ありなので、生理用品を取付できるパンツの持参をおすすめします(汗)

●タオル、ハンカチ
タオルはホテルにあるので使いませんでしたが、スポーツタオルを一枚、スーツケースの隙間を埋めるクッション代わりにしていました。ハンカチは僕は使いましたが、あまりタイでハンカチを使っている男性は見なかったような。

●サンダル
現地は雨期だったので、サンダルで行きました。なるべく濡れても平気なタイプがおすすめ。
でも現地でも買えます。結構種類豊富です。僕も履いていったものが皮でぺったり感が気になって、い草風のサンダルを買って履いていました。

●シャンプー、ボディーソープ、洗顔、身だしなみ系
シャンプーやボディーソープはホテルにも病院にもあったので、こだわりなければ持参しなくても平気。洗顔は石けんしかないです。僕は泡ポンプタイプの洗顔を持参しました。
髭剃り、ブラシ、旅行用歯磨きセット持参。ワックスとか使わない人なので持ちませんでした。
他に、爪切りと鼻毛切りばさみも持参しました。滞在長いので、身だしなみのために…毛抜きも持ってきたらよかったな〜と思いました。
でも多分ある程度現地で買えます。鼻毛切り以外はドラッグストアとかで見かけました(笑)

●洗濯用品
洗濯機一回分ずつが個包装になっている粉洗剤を一箱持って行きましたが、洗面台で洗うなら個包装2袋で足りました。他にプラスチック製ハンガー2つと洗濯ロープ、洗濯ばさみ6個を持参しましたが、ホテルは洗濯ロープを満足には張れなかったです。ハンガーの方が役立ちましたね。
アテンドさんによってはお願いすれば洗濯してくれたりもします。僕はせっかく洗濯用品を持って行ったので、あえて手洗いしました(笑)

●薬、絆創膏
花粉とハウスダストのアレルギーがあるので、病院でもらっている薬を持参しましたが、幸いアレルギーは発症しませんでした。
その他、常備薬から胃薬と赤だま腹薬(下痢止め)、目薬、絆創膏を持ちましたが、どれもあまり要りませんでした。術後のお腹の張りがあるので、むしろ整腸剤の方がよかったかもしれません。
それと、術後にテープなどでかぶれて痒い思いをしたので、かぶれやすい人は塗り薬や低刺激のテープを持参してもいいかも。僕は現地で調達しましたが、特別安いとは思いませんでした。言葉通じないし(アテンドさんに頼めばすぐなのに、あえて自力で行ってみた)。
退院後はガーゼや防水フィルムも使います。これまた現地のドラッグストアでも買えます。それらしきテープ持って、「ウォータープルーフ?」と聞いたら通じました。
防水フィルムは、ガーゼが最初からついているタイプと、テープのみのタイプがあるので要注意!

●生理用品
術後の出血のために何個かは持って行きましたが、かぶれも考慮して朝と夜に変えていたので、出血が続いた僕は足りなくなって現地で買いました。コンビニで売っています(読めないですが、ロリエとかあります)。
タイは、男性が生理用品を買ったりしてもみんな気にしないそうです(友達いわく)。
敏感肌の方は、商品の特徴が読める日本で買っていってもいいと思います。僕の出血量だと、サイズは普通の日用で十分でしたが、おりものシートでは心許ない感じでした。

●ティッシュ類
ポケットティッシュをいくつか持っていきましたが、持参正解です。ペーパーを置いていないトイレもあるのです。有料で売っています。向こうではティッシュは入手しづらいですね。
ウェットティッシュも一つ持てばよかったと思いました。街中はトイレも有料だったりするので、手を洗う場所を探すのも大変なのです。
ボディペーパーも一つ持って行きましたが、重宝しました。術後シャワーがOKになるまでとか、ちょっと汗をかいた時とか、本当に助かりましたよ。

●携帯、PC関係
電圧が違うということで変圧器をアテンドさんから借りようと思っていましたが、iPhoneの充電器やノートPCはそのまま差し込んで使えるということで変圧器は要りませんでした。
他に携帯用の予備バッテリー(フル充電2回分)を持って行きました。田舎から首都圏などの空港を利用するなど、移動距離が長い人はあると安心です。
タイ・バンコクはWi-Fi文化が進んでいて、無線の受信機を持参でホテルでもPCを利用できました。ただし電波は不安定でした。

●飲食物
インスタント味噌汁と粉ポカリを持って行きました。
泊まったホテルの朝食が日本食を毎日用意してくれるところだったので、味噌汁は要らなかったけど、もしそういうホテルでなかったら味噌汁はきっと大活躍だったでしょう。
粉ポカリはまぁ持って行っても1〜2袋でいいですね。コンビニで色々ジュースは買えますが、基本甘い!!日本茶ですら甘いのがメジャーです。
だからむしろ緑茶のティーパックとかインスタントのコーヒーとか、甘くない物を持って行った方がいいかも。
バンコクは都会なのでコンビニも多く、日本食屋もたくさんあります。特に食べ物には困りません。
お菓子も持って行かなくても現地で買えます。現地の文字が読めなくても、英語で書かれていたりもするので何となくわかるかと。スーパーだと日本のお菓子も割高ですがあったりします。

●ビニール袋、ゴミ袋
洗濯物を入れたり、荷物を広げたりする時に床に敷いたりしました。ジップロックみたいなものも何枚かあると、濡れた物やスプレーの持ち運びが安心です。

●財布
海外旅行用の財布を買いました。小銭入れ、お札入れ部分にチャックあり。スキミング防止(キャッシュカードなどの不正な読み取りを防ぐらしい)。紐付きでベルトに通したり、服の内側を首から斜めがけしてポケットに入れたりしました。
でもこの他に、小さい小銭入れ(100均でゲット)も持ちました。近所のコンビニや屋台に行くなら、あまりお金を持たない方がかえって便利なので、サイズが大きな旅行用財布は持たないようにしていました。
それから、100均でファスナー付きのポーチを一つ買って行きました。手術代金や予備で持ったお金が結構な額なので、財布とは別で持ちたかったので。金庫やホテルのセキュリティボックスに預ける時に、これにお金やパスポートや帰りの切符も入れて預けていました。

●鞄
僕はボディバッグを持って行きましたが、貴重品はあまり入れないようにしていました。財布を入れている時などは後ろではなく前に背負っていました。
胸オペの影響あるかなと思いましたが、オペ後はバンドでがっつり巻かれているのでボディバッグが痛いということはありませんでした。

●旅行ガイド本等
僕はタイ国政府観光庁のホームページから印刷したバンコクのパンフレットしか持って行きませんでした。
そもそも観光目的ではないので、ガイド本はいらないかな〜っていう気はしますが、せっかくなので料理とか、名物みたいなものは調べていった方が、順調だった時に出歩くのには重宝するのかも。
ハーブが苦手なのでタイ料理はほとんど食べなかったですが、何がどんな料理なのかもわからないっていうのも原因の一つでした。ちょっともったいなかったです。

●その他の旅行グッズ等
スーツケースに付ける名札。ちょっとかわいいのを買ったものの、名前と住所が丸見えになるタイプだったのでつけませんでした。JALではチェックインカウンターで、記載面を内側に折り込むタイプの名札を配ってくれました。


大体こんな感じでしょうか?
また思いついたら、追記していきたいと思います。
| | 性別適合手術(SRS) | 18:58 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:58 | - | - | -









http://soh-ch-gid.jugem.jp/trackback/82
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

このページの先頭へ