創ちゃんねる〜GID版〜

青森にて細々活動中、30代になってやっとFTMTG(らしいよ)と自覚した、創の治療記録です♪
<< 術後の経過、変化 | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
結婚のこと。
カテゴリ悩みましたが(汗)
元々、僕の手術はパートナー女性との結婚を想定して進めたものでした。
病院の書類がなかなか出来上がらなかったり、裁判所からの連絡もすぐには来なかったので、
パートナーのお父さんには2013年の年末にご挨拶に行くことにしました。
 
以前はご両親に大反対されて、アパートに怒鳴り込みに来たことも。
それでも僕と一緒に暮らしてきたツレさんは、結婚の意思を一年以上前から伝えていたので、今更反対まではされないだろうと思いつつ。
何か言われるだろうかとか、やっぱり不安な気持ちはつきませんでした。
でも僕もその当時はとても失礼なことをしたと思うし、
改めて、二人でお願いするつもりで、ご挨拶に伺いました。
 
少し自分の話や家族の話もしてから、様子を見て切り出しました。
ガチガチに緊張しながら、
「二人で考えた結果、結婚をしようということになりました。お許しいただけたらと思って参りました。どうかよろしくお願いします」
というようなことを(もはやよく覚えていない、緊張しすぎて…)伝え。
頭を下げて、お願いしました。
 
そしたら、思いがけず、
「こんな娘だけど、よろしく頼みます」
と言ってくださり…思わず泣きそうでした(涙)
 
婚姻届には証人欄があり、成人2人から署名をもらうようになっています。
僕らは、お互いの父親から署名をもらいました。
それから、先に日記に書いたとおり、手続きを経て今年の1月半ばに性別の取扱いが変更。
2月にパートナー女性と婚姻届を提出し、法的に結婚しました。
その後5月にはごく一部の親族と、同級生や元同僚、そしてセクマイサークルの友人達などを呼んで、
披露宴ならぬ結婚報告パーティーをしました。
言葉が違うだけですが、何よりも「お世話になっている人達に報告をしたい」という気持ちからのこだわりです(笑)

僕の事情を知っている人がほとんどで、とにかく楽しいパーティーにしようと、
知人であるウェディングプランナーさんに相談し、1月から準備していました。
トランスジェンダーの友人も多いので、服もある程度パーティーに合っていれば自由にしてもらいました。

たくさんの人からお祝いの言葉と、涙と、心をもらいました。
僕にとっては、このパーティーこそが本当の意味で結ばれた日のように思います。

自分達だけの力で、そこに立つことはなかったでしょう。
当日は来られなかった人や、事情によりお招きできなかった人もたくさんいましたが、
この感謝の気持ちは、届いていたらいいなと思います。
そしてこれはゴールではなく、また新たな道へと進むスタートだと思っています。
これからも、支えてくれる人達に、応援して良かったと思ってもらえるように、
前を向いて、歩んでいきたいと思います!
| | その他のハナシ | 15:33 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:33 | - | - | -









http://soh-ch-gid.jugem.jp/trackback/112
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

このページの先頭へ